2016/02/09

小豆島大冒険 最終章 締めといえばあの場所

わしですどーも。

つづきです。

季節の間違いに気づいた僕達w


これが
DSC_0560.jpg

こんなことになるとは・・・
DSC_0605.jpg

決して広いとはいえない小豆島でここまで違うものなのかとw

さて四方指からどーするかミーティングです。
この雪に完全にびびってますw
本来であれば西側の土庄方面に降りて海岸線沿いを大部に戻りたいとこだったけど
2時過ぎのフェリーには絶対間に合いたいこと。
帰りの坂道の雪加減が未知数なこと。
それらを理由に大部港のすぐそばに降りれる最短ルートで帰ることに。
ひとまずこの四方指から降ります。
さっき登山してきた道を再び徒歩で下山ですw
ビンディングシューズすべって超こわいw
とりあえず雪の減った道まで降りてきました。

いざ大部に向け出発!!
と思ったらクリートの隙間に雪が氷状に詰まってビンディングがはまらない!!
必死で取り除きます。
しばらく氷と格闘していよいよ出発。
基本的にずっと下りです。

ブレーキ効かない事件をかわきりにすっかりチキってますのでゆるゆる下ります。
順調に下ります。路肩の雪もずいぶんと減ってきたなぁと思っていた先の何の変哲もないヘアピンに差し掛かりました。
もちろん雪なんてありません。
普通に減速して進入。

バイクを寝かしこむと同時に
「うお!!!」

突然後輪がスリップ!!

その後すぐつぼちゃんも同じ場所でスリップ!!

ぎりぎりのところで立て直しましたがあやうく2連落車するとこでした・・・。
路面が凍ってたんかなぁ。

もう完全にチキンモードですw
カーブは見た目何もなくても最徐行です。

寒さに耐えながら何とか大部港に到着しました。
予定を繰り上げてショートカットしてきたので小一時間ほど待ち時間がありました。
寒さをしのぐため港前の喫茶店に避難です。
そして本日2度目

DSC_0614.jpg

うどんうめぇうめぇします。
冷えた体に染み渡りますw

適当に時間をつぶしフェリーに乗船。

もう寒さと疲れで甲板にでて写真を撮る元気もなしw
約1時間のお昼寝タイムです!!

というわけで本州に戻ってきました!!
時刻は15:00すぎくらい。

あとは車載で帰るだけ。








否!!!!



ここまで来たら行くしかないでしょうが!!
聖地へ!!!
そう!次なる目的地は関西サイクリストの聖地だるま珈琲です!!!
そこへ行きたいがために14時台のフェリーに間に合うように帰ってきたのです!!

いざしゅっぱーーーつ!!


車だとそんなに時間はかかりません。

ハァハァw つ、ついたぞ!!!
やべーよ!きちゃったよ・・・・!
この店構えブログとかで見たことあるよ・・・。
もう興奮が収まりませんww
DSC_0615.jpg


「自転車止まってないな」
「誰もいないのかな?」
「そもそも店やってるのかな?」
店前で怪しい動きをするおっさんの図w
1455023905698.jpg

いくぞーーー!!!
いざ入店!!!

はうぅぅぅぅぅうう
マスターがおるぅぅぅぅ ←当たり前www
鼻血でそうww

マ「いらっしゃいませー!」
マ「お好きな席どーぞ!」

もちろんあの席に座ります。
そうカウンターへ!!!!

何かこれ写真撮ってる人いたぁぁぁぁ

DSC_0616.jpg

もう興奮MAX!!!

だるまブレンドとケーキを注文します!!

珈琲を入れながらもマスターが話しかけてくれます。
マ「今日はどちらから?」
や・つ「大阪と兵庫です!」
や「小豆島いってきたんすよー!!」
マ「よかったでしょう?」
や「最高でした!雪でしたけど!!!」

ニヤニヤしながら珈琲が来るのを待ちます。

マ「いらっしゃーい!!」
どなたか来店されたようです。
カウンターは入り口に背を向けるかたちなんで入り口付近の様子はわかりません。

何やらマスターが俺に向かってボソッと言われました。
や「はい??」
マ「コギコギさん!来てますよ?」
や「へ?」

振り返ると・・・・


ぎゃーーーーーーーーっす!!!!!

うおぉぉぉぉぉぉぉぉ
コギコギさんやぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ。

すぐさまご挨拶をさせて頂きました!!!
お連れ様もいらっしゃったのにドカドカ押しかけてその節は失礼しました。
もうロード乗り始めたころからコギコギさん住友さんのブログは全部見させていただいてました。
そのご本人が目の前に!!
鼻血どころじゃない・・・。
心臓飛び出そうでしたw

自転車乗り誰かおるんかなぁ位で訪れたのに、まさかコギコギさんが登場するとは・・・。
勝手な感想ですけど、
まさかこれほどのサプライズが待ってるとは・・・!!

やっぱここは聖地やぁ。
来てよかったよぉぉぉぉ><
今までの疲れが一気に吹っ飛びました!

少し落ち着きを取り戻し
注文した珈琲とケーキをニヤニヤしながら食しますw

ここ喫茶店よな?
聞こえてくる会話がLSDやらローラーやら・・・w
何と居心地のいい喫茶店なんだ。
こんなところが近所にあったら入り浸り間違いなし!!
そして完全アウェーな感じのお客さんであるあばあちゃんwちょっとツボでしたw
むしろおばあちゃんが普通だと思いますw

その後もコギコギさんに話しかけてもらえたり 
マスターとおしゃべりしたり楽しい時間を過ごすことができました。

コギコギさんは言うに及ばずマスターしかり、住友さんしかり、コギコギ日記に登場する人物はみんな俺からしたらテレビに出てる芸能人よりも芸能人なのです(意味不明w
淡路島を嗜んで以来、人との出会いの破壊力が半端ないw

興奮は覚めませんがいい時間になったのでお会計を・・・・。



うぉぉぉぉぉぉぉぉ

DSC_0617.jpg

だるま珈琲ステッカーいただいちゃいましたぁぁぁぁぁぁ。

これで俺も晴れてだるま珈琲嗜みストの仲間入りです♪


興奮状態のまま帰路へ・・・・。


雪の寒霞渓からだるま珈琲での出会いまで、実に濃い一日を送ることができました。



自転車乗っててよかった!!
自転車最高!!!



~完~




明日への活力になります。
是非クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/02/08

小豆島大冒険  どーしてこーなった・・・

わしですどーも。

つづきいってみよー。

素麺を食っていざ寒霞渓に向かって出発です。
素麺屋からすぐのところがスタート地点です。

DSC_0572.jpg

序盤か上り基調のゆるやかーな道です。
緩やかなところで距離を稼いで欲しいものですw


向こうの方で斜度がいっきにかわってますね・・・。
あそこからが本番ですかそーですか。

DSC_0573.jpg

一気に斜度が変わります。
が!
まだ始まったばかり!!

DSC_0575.jpg
DSC_0576.jpg
DSC_0574.jpg

写真を撮りながら上ります。
淡路島やしまなみ海道とは違った雰囲気です。

DSC_0579.jpg
DSC_0578.jpg

結構上ってきました。

あの上のほうに見えてるガードレールのとこも通るんでしょうか・・・?
DSC_0582.jpg

DSC_0585.jpg


景色は最高です!

DSC_0587.jpg


そして気になる坂ですが真面目に上るとそりゃしんどいです。
今回は比較的真面目に上ってたんでハァハァでしたw
でもゆるゆる行く分にはいい感じの斜度だと思います。
たまに平坦っぽいところもあるしw

順調に半分くらいは上ったでしょうか?
素麺屋のおかみさんが行ってた通り、路肩に若干の雪があります。
体力的にはまだいけそう!がんばる!!!

*ここから先諸事情により写真がありませんw
諸事情の様子は後ほど動画でw


基本的に小豆島全般にいえることなんですが、車が少ないです。
たまーに走ってるくらい。
自転車乗りには最高の状況といえるでしょう。

そんな中1台の車が上から降りてきます。
なにやら怪訝そうな顔つきでこっちを見ながらすれ違っていきました。
自転車乗りあるあるだとは思うのですが、「よーこんなとこ自転車で行くわ」的な顔で見られたような気がしてました。
さほど気にもせず上り続けます。

若干路肩の雪が多くなってきました。
その雪解け水が車道に流れ出してウェット路面に・・・。
巻き上げる水がケツにかかって不快なことこの上ない!!!
もうここまで濡れたら同じと開き直って上ります。

疲れ・・・水濡れ・・・テンションが上がる要素なんてありませんw
淡々と上るだけです。
頂上で見れるであろう絶景だけが唯一の心の支えです。
路面状態は最悪ですけど、天気はよく山間から見える景色はいい感じでした。

上っているうちに路肩の雪がどんどん車道側にまで出て来てる部分が増えてきました・・・・。
ちょうど木陰地帯に差し掛かったところで・・・・








や「ちょwwこれいけるん??w」


カーブを曲がるとそこは雪国でしたww
うっすらと道にも積もって轍の部分だけが雪がありません。
ちょーーーこわいw
こんなことしてる場合じゃないんじゃ?w

雪ががっつりあったのは一部分だけでしたけど、明らかに今までとは路面がかわった。
ところどころ路面に残る雪。
そうならないために豪快にまかれた融雪剤。
路面は完全ウェット。
もういや・・・・。
気温を見ると氷点下・・・。

テンション激下がりの修行モードですw

何とか上り部分も終えたっぽく、平坦と若干の下り区間突入です。
路面は相変わらずw
死んだ魚のような目で進みます・・・。

下りの右カーブ。残雪あり!



「キュイーーーーーーーン」心躍るカーボンブレーキ音♪












や「ブレーキきかねえええええええぇぇぇぇぇぇ」


つ「音はいい音してたのに一切減速してませんでしたよ?w」

もう生きた心地がしませんでした;;
チキンモード発動ですw

や「やしおチキりまーすwお先にどーぞw」

もういやだ・・・><

ゆるゆる行ってるうちに寒霞渓到着です。
そんな状況だったので写真どころじゃなかったのですww

写真復活です。
DSC_0596.jpg
DSC_0597.jpg

絶景です。
霧で見えないこととかもあるみたいなんでこんな状況の割に運がよかったみたいです。
どんな状況だって??

DSC_0590.jpg
DSC_0594.jpg

当然頂上も絶賛雪国でしたよ?w

おい!だれや!!瀬戸内は温暖な気候って言ってたやつは!!!!
今シーズン初の雪を小豆島で見るとは思いませんでしたww

当然ちょーーーー寒いw
ケツびしょぬれ・・・・。
しかもシューズカバーとか自転車とか融雪剤のせいかベトベト;;
もうどーでもよくなりますw
長居しても寒いだけなので次なる目的地「四方指」に向かいます。
イメージ的にはここが8合目。四方指が頂上って感じ。あくまでイメージね。
もう少しだけ上ります。

DSC_0601.jpg
DSC_0602.jpg


斜度はこっちの方がちょっときつく感じました。
もうここからはポタリングモードでぐだぐだしゃべりながら上ります。
ん?そんなに雪ないじゃん?って?


こんなんですよ?w








DSC_0603.jpg


もう緊張の連続。
一体何しにきたんだか・・・・。
そしてついに・・・







ギブアーーーップ!!!

DSC_0605.jpg

もう無理です;;
押して歩きました><


そしてー!!!
四方指到着!!(最後は登山w)

DSC_0610.jpg
DSC_0606.jpg
DSC_0608.jpg
DSC_0613.jpg
DSC_0611.jpg


ちょっと雲行きが怪しくなってきてますw
でも絶景でしたよ!
DSC_0612.jpg

ゆ、雪がふってきました・・・・。

や「つぼちゃん・・・・」
や「誘った俺がこんなん言うのもあれやねんけど・・・・」
や「これ・・・俺多分・・・・」











や「季節間違えたわテヘッ」

や「ゴメリンコ♪」



寒霞渓途中から最後までの様子




続く・・・・

まだまだおわらんよ!!!



明日への活力になります。
是非クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
2016/02/07

小豆島大冒険 ~果たして嗜んだといえるのか?w~

わしですどーも。



Screenshot_2016-02-07-03-45-15.jpg

自転車乗りの朝は早い!
あえて言おう!住友輪業さんのブログをまるパクリです!
これがしたいがために前日携帯のスクリーンショットの撮り方勉強しましたww

ちょー朝早いwというかまだ夜レベルですね・・・。
自転車関係でこんなに朝早く起きたのは初めてですw
本日は急遽決まった小豆島に大冒険に行ってきました!
大人な感じで小豆島を嗜み予定でしたが・・・・。
果たして嗜めたといえるのでしょうか?
最後の最後まで色々色々ありましたw
そんな様子を数回に分けて綴りたいと思います。

SSの通り本日3:45起き。
基本的な準備は前日に済ませておいたので着替え諸々をすまし車へ。
今回の犠牲者相方であるつぼちゃんを迎えに!
つぼちゃんとは5時に待ち合わせ。
早朝なので車もすいており予定通り合流。

いざ小豆島へ向けて出発!!
フェリーは住友輪業さんのアドバイスどおり日生から乗ることに!
や「えっと・・・」
や「小雨降ってない?w」
つ「ですねーw」
や「今日雨なんて聞いてないぞww」
いきなり先行き不安であるw
や「まぁ小雨やしやむかなぁ」
や「小豆島といえば瀬戸内やし穏やかな天候なんじゃね?w」
つ「ですね~~」
この時あんなことになるなんて知る由もなく能天気な二人w
フェリーの時間は7:30発。
それを逃すと次は10時台。
自転車談義に花を咲かせ何とか7時前に到着。

DSC_0548.jpg

寒いですw
客もほとんどいませんw
自転車乗りは皆無!!!
いそいそと乗り込み住友さんのアドバイスどおり
DSC_0550.jpg

うどんうめぇうめぇします。
出航前にねww
そして今日の俺はブロガーとしての意気込みが違うので写真をいっぱい撮りますw

DSC_0551.jpg
DSC_0554.jpg

さらば本州!!!(大げさw)

約1時間の船旅後・・・


DSC_0556.jpg

小豆島に歓迎されました!
(危うく写真忘れるとこだったなんていえないww)

今回の行程は、
小豆島1周とかもしてみたいけど、帰りは2時過ぎのフェリーに乗りたい(それを逃すと次は5時台)ので断念。
ここ大部から小豆島南部にある草壁というところまで行きそこから寒霞渓アタック。
それから四方指という絶景ポイントまでは行こうと。
そっから先は時間を見て決めることに。
まずは草壁へ向かって南下です。
道中にある南風台というところで休憩しようかと。

DSC_0558.jpg

朝とはうってかわって抜けるようないい天気です。


DSC_0557.jpg
DSC_0559.jpg

ずっとこんな感じでアップダウンが続きます。
生かさず殺さずって感じの斜度です。

途中に展望台みたいなとこがあったので急遽止まります。

DSC_0561.jpg
DSC_0560.jpg

絶景!!


DSC_0562.jpg

つ「最高やなぁ」
や「やっぱ天候も穏やかやなぁw」
あまりにも気持ちいいのでつぼちゃんもこんなことになりますw

とりあえず南風台へ。

この後もずっとアップダウンが続きます。
地味に脚を削られます。

DSC_0564.jpg

到着です!
見よ!この絶景&快晴っぷりw
DSC_0567.jpg
DSC_0566.jpg

止まるとちょっと肌寒いですw
乗り出したらアップダウンのおかげで暑いんですがねw
時刻は9:30頃。

や「飯どーする?」
や「生素麺食いにいく?」
つ「ぬ、温いの食いたいですね・・・」
や「うん・・・」
や「自転車降りてすぐなら冷たいのでも食える!!」

行こうと思ってた店は
なかぶ庵というとこです。
この南風台から峠をひとつ越えたとこにあります。
DSC_0570.jpg

スマホで店を調べるつぼちゃん
つ「がっつり氷が素麺に入ってますねww」
や「氷はきついなw」
や「まぁとりあえずいってみよか」

いざ出発。

南風台からなかぶ庵までは旧道の峠を越えるかトンネルでショートカットするかの2コースあります。

分岐点で・・・
DSC_0568.jpg

悪そーな顔で・・・
つ「どっちいきます?w」
や「へいへい・・・峠ですよねわかりますw」
や「今日のテーマは伊吹山トレーニング!!山上らんでどーする;;」

泣く泣く意気揚々と峠ルートへ。
さほどきつくはないけど、今までのアップダウンより若干距離が長め。
峠を下るとすぐなかぶ庵があります。

行くと温かいのもあるとおかみさん。
ただし温かいのは生麺ではなく通常のそうめんらしい。
せっかくだしと二人とも生素麺を注文。

DSC_0569.jpg

うめぇ。
つやつやしててコシがあっておいしい!!
お勧めです!小豆島へ行った際は是非!!
時間が早かったため客は俺達だけでおかみさんとマンツーマンで話しながら食べますw
どこからきた?
どこいくの?とか色々聞かれました。
や「これ食べたら草壁から寒霞渓上るんですよ~」
おかみ「へぇ~~すごいね~~」
おかみ「雪大丈夫かしらね~~」
や「へ?雪?」
おかみ「ほらこの前の寒波の時上のほうは結構すごかったみたい」
おかみ「まだ路肩とかに残ってるかも?」
や「そうなんですね~。気をつけていってきますw」

や・つ「ごちそうさまでした~」
おかみ「気をつけていってらっしゃーい」

すごく感じのいいおかみさんでした。
わざわざ表に出て来てお見送りしてくれました。

さぁいよいよ今回のメインイベント寒霞渓アタックです。
距離にして麓からだいたい14~15kmなのかな?
距離的にちょうど伊吹山HCと同じくらいなので仮想伊吹山気分でw
どれくらいでいけるものなのか?
TAではないけど頂上までは休憩はしない!!
とにかくがんばろうとw
いざアタック!!!!



つづく・・・・



次回予告
寒霞渓アタック ~これいけんの?w~


明日への活力になります。
是非クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村